海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

ER 医療もの

救急救命室を描いた米国ドラマ「コードブラック 生と死の間で」

投稿日:2017-05-25 更新日:

第1シーズンの放映がスタートしました。
「ER」と同じ、救急救命室が舞台の医療ドラマです。
コードブラックとは、患者収容数の限界を超えた状態のことらしいです。災害時のトリアージと同じなので、つまりは、最悪の状態ということ。
「ER」、「ナイトシフト」に続く私にとっては3番目のERドラマになります。初回を観た限りでは、他のERドラマと余り変わりませんので、現時点では継続して視聴するかは微妙といったところでしょうか。
ただ、キャストの中に面白い人が看護師長役で登場しています。ルイス・ガスマンです。ソダーバーグ監督でテレンス・スタンプが主演した「イギリスから来た男」で主人公を助けるタクシードライバーの役が印象深い名脇役です。
悪役やコメディもこなすマルチ俳優さん(特に悪役が多い)なので、こういう人が出演するだけでストーリーが締まるというか、緊張感が生まれますね。一目見ただけで絶対忘れない顔ですもんね。きっと優しい人なんだろうなあ。やっぱり、少なくとも第1シーズンだけは観ることにします。
それにしても、米国TV界は、次から次へと医療ドラマが製作されますよね。スポンサーが付き易いのでしょうか。うがったものの見方ですが、医療保険に関しては日本のように健康皆保険がなく私的(任意)保険に頼っている国ですので、自分よりも悲惨な患者がドラマティックに画面に投影されることで、優越感というか安堵感に浸れるという部分もあるのかもしれませんね。安堵したところでコマーシャルを流す、コマーシャルに誘導されて商品(保険とか)を買う、こういう流れを生んでいるのかなと思いました。(言い過ぎかな。)
そういえば、もう20年以上も前になりますか、TV朝日系で「シカゴ・ホープ」という米国医療ドラマを放映してました。確か、第2シーズン放送中に視聴率低迷で途中打ち切りになりました。TV朝日は、昔から「ルーツ」、「ホロコースト」とか、社会派海外ドラマを放送してきましたが、「シカゴ・ホープ」以来、新たな海外ドラマの放映はないような気がします。「シカゴ・ホープ」で懲りたのかな。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-ER, 医療もの
-,

執筆者:

関連記事

ERに続く救急救命室が舞台のドラマ「ナイトシフト」なかなかです

今日は「ER」と同じ“医療もの”の「ナイトシフト」について語ります。 「ER」の舞台は、シカゴ・カウンティ総合病院の救急救命室が舞台ですが、「ナイトシフト」は空軍基地があるテキサスの病院が舞台。少し、 …

病院が舞台じゃない医療もの米国TVドラマ「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」

私が観続けてきた海外ドラマの中でも、病院が舞台じゃない医療ものドラマって、これまで無かったと思います。おそらく、この「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」が最初で最後かもしれませんね。それで”シーズン8 …

医療ものドラマに革命をもたらした「ER(イーアール)」

今日は医療ものを。金字塔として君臨するのは、やはり「ER」でしょうね。これは外せません。シーズン15まで継続したお化けドラマです。実は、ロス先生ことジョージ・クルーニーが抜けたシーズン6以降は、あまり …

ろくでなしの天才診断医が病院内を引っ掻き回す米国製TVドラマ「ドクターハウス/Dr.House」

今日は「ドクター・ハウス」です。 天才的な診断医なんだけどロクデナシ、のドラマです。 日本でも診断医、総合診療科が増えてきたのは、このドラマの影響かな。 最終シーズンだけ未視聴です。録画はしてあるので …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー