海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

ER 医療もの

医療ものドラマに革命をもたらした「ER(イーアール)」

投稿日:2017-05-25 更新日:

今日は医療ものを。金字塔として君臨するのは、やはり「ER」でしょうね。これは外せません。シーズン15まで継続したお化けドラマです。実は、ロス先生ことジョージ・クルーニーが抜けたシーズン6以降は、あまり観ていません。妻が全シリーズ観ていたので、偶にあらすじを聞いたりして観た気になってました。ノア・ワイリー扮するカーターの目を通した救急救命室の日常を描いていますが、そのリアルな演出にハマった人も多いハズ。つい観続けてしまう。そんなドラマでしたね。登場人物で印象深いのは、まずはアンソニー・エドワーズ扮するグリーン先生かな。家族に恵まれない良いお医者さん。でも離婚して羽目をはずした面も。最後はハワイで家族と。今思い出してもウルウルしてきます。次はジュリアナ・マルグリーズ扮する看護師ハサウェイ。とにかく良く働く看護師で、最後はロス先生のところへ行って降板となりましたね。あと、エ・リク・ラサル扮するベントン先生も印象深いです。非常に野心のあるお医者さんでしたが、最後の方では難聴の実子のため奮闘する父親の姿が描かれてました。確か、お金を稼ぐために田舎街での医療活動に参加する回がありましたが、その時、お腹から出血する人への救命治療にラップを使用して止血したシーンを覚えています。あんな使い方があるんだなあ、と勉強になりました。最後は、やはりジョン・カーターですね。彼の成長期みたいなドラマでしたので、彼なくしてこのドラマは語れないですよね。インターン→レジデント→スタッフドクターと彼の昇進フローを見ることで、米国の医学界を垣間見ることが出来ました。大変だなあ、でも幾ら頭が良くても医者にはなれないんだなあ、と。日本のような健康皆保険がない米国ですが、こと医師免許の取得ということに限定すれば、患者にとって良いシステムを構築したもんだ、と関心したもんです。
その他の医療ドラマに関しては、そのうち語ろうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-ER, 医療もの
-

執筆者:

関連記事

ろくでなしの天才診断医が病院内を引っ掻き回す米国製TVドラマ「ドクターハウス/Dr.House」

今日は「ドクター・ハウス」です。 天才的な診断医なんだけどロクデナシ、のドラマです。 日本でも診断医、総合診療科が増えてきたのは、このドラマの影響かな。 最終シーズンだけ未視聴です。録画はしてあるので …

ERに続く救急救命室が舞台のドラマ「ナイトシフト」なかなかです

今日は「ER」と同じ“医療もの”の「ナイトシフト」について語ります。 「ER」の舞台は、シカゴ・カウンティ総合病院の救急救命室が舞台ですが、「ナイトシフト」は空軍基地があるテキサスの病院が舞台。少し、 …

救急救命室を描いた米国ドラマ「コードブラック 生と死の間で」

第1シーズンの放映がスタートしました。 「ER」と同じ、救急救命室が舞台の医療ドラマです。 コードブラックとは、患者収容数の限界を超えた状態のことらしいです。災害時のトリアージと同じなので、つまりは、 …

病院が舞台じゃない医療もの米国TVドラマ「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」

私が観続けてきた海外ドラマの中でも、病院が舞台じゃない医療ものドラマって、これまで無かったと思います。おそらく、この「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」が最初で最後かもしれませんね。それで”シーズン8 …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー