海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

医療もの

病院が舞台じゃない医療もの米国TVドラマ「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」

投稿日:

私が観続けてきた海外ドラマの中でも、病院が舞台じゃない医療ものドラマって、これまで無かったと思います。おそらく、この「ロイヤルペインズ~救命医ハンク~」が最初で最後かもしれませんね。それで”シーズン8”まで続けられたのでしょうね。

物語の舞台となるのは、アメリカのお金持ちの別荘が立ち並ぶ東海岸のハンプトンズです。そこで、主人公のハンクが、弟のエヴァンの口車(?)に乗ってコンシェルジュ・ドクターとしてお金持ち相手に奮闘する、というお話しです。

最初観始めた時は、金持ち相手のお医者さんごっこか、と思ってましたが、主人公ハンクのキャラクター背景としてERドクターという設定が、お金持ちの我がままなご都合を優先せざる終えない状況に上手く対処する手段となっていて、とりあえずの緊急処置を現場で施すシーンは見応えはあります。さすがに医療行為なので、マクガイバーのように有り合わせのモノで、という訳には行きませんけど。でも、それに近いようなシーンはあったかな。

ハンクと良い仲になる女医ジル役のジル・フリントですが、同じく医療ドラマの「ナイトシフト」にもレギュラー出演してますね。”この女優さんはお医者さん”というイメージなんですね。

ところで、舞台となっているハンプトンズですが、アメリカで最も高価な住宅地とされていますので、あのビバリー・ヒルズよりも高級住宅街なんですね。バブルの時の日本人なら、不動産を所有していた人も居るかもしれませんね。一度、機会があれば(まず、ないと思うけど)物見遊山で尋ねてみたいもんです。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-医療もの

執筆者:

関連記事

医療ものドラマに革命をもたらした「ER(イーアール)」

今日は医療ものを。金字塔として君臨するのは、やはり「ER」でしょうね。これは外せません。シーズン15まで継続したお化けドラマです。実は、ロス先生ことジョージ・クルーニーが抜けたシーズン6以降は、あまり …

救急救命室を描いた米国ドラマ「コードブラック 生と死の間で」

第1シーズンの放映がスタートしました。 「ER」と同じ、救急救命室が舞台の医療ドラマです。 コードブラックとは、患者収容数の限界を超えた状態のことらしいです。災害時のトリアージと同じなので、つまりは、 …

ERに続く救急救命室が舞台のドラマ「ナイトシフト」なかなかです

今日は「ER」と同じ“医療もの”の「ナイトシフト」について語ります。 「ER」の舞台は、シカゴ・カウンティ総合病院の救急救命室が舞台ですが、「ナイトシフト」は空軍基地があるテキサスの病院が舞台。少し、 …

ろくでなしの天才診断医が病院内を引っ掻き回す米国製TVドラマ「ドクターハウス/Dr.House」

今日は「ドクター・ハウス」です。 天才的な診断医なんだけどロクデナシ、のドラマです。 日本でも診断医、総合診療科が増えてきたのは、このドラマの影響かな。 最終シーズンだけ未視聴です。録画はしてあるので …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー