海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

私の趣味

最近読んだ書籍ベン・フォーグル著「ラブラドール」から

投稿日:2017-05-25 更新日:

愛犬を今年3月に亡くして、そろそろ2か月が経過しようとしていますが、時間の経過と共に哀しみは幾らかは癒えるものの寂しさは増すばかり。富士ハーネスへ盲導犬を見に行って、キャリアチェンジ犬を希望しようか、それとも近場の救護センターから収用犬を引き取ろうか色々迷いましたが、年齢的にも子犬(パピー)を迎え入れる最後ということもあり、悩んだ末、子犬を探す事に決めました。今回もイエローの女の子にしようと思っています。
今回は前回よりも犬全般について、またラブラドールについてもっと勉強して、なるべく苦痛のない余生を過ごさせないとね。そこで、関連書籍を探していたところ、思いがけずベン・フォーグル著「ラブラドール」を読む機会を得ました。今更ながら、ラブラドール・レトリーバーが何処で誕生して、どのような変遷を辿って現在に至ったのかを知るには非常に良い書籍でした。筆者はイギリス人男性で日本でいうTVタレントさんです。実家は、父上が獣医師という恵まれた環境で育ち、幼い頃はゴールデン・レトリーバーを飼っていた経験もあります。あるサバイバル番組へ応募して採用されて、と同時にブラックのラブの女の子を飼うことになるのですが・・・続きは書店にて。
前回ラブを飼うと決めたときも、ある程度の知識を持ってはいたのですが、同書籍から、何故にタラ漁(海)から狩猟(陸)へと使役の対象が移ったのか理解することができましたし、世界中でラブが愛されて続けている理由も少し解った気がしました。昔から権力者には政治的なアイテムとして飼われていたのですね。
印象に残ったのは、純血を維持しようと近親交配が繰り返されると、どうしても遺伝的疾患が発症するリスクが高まる、ということ。既に知識として持っていても、いざパピーを目にしちゃうと、なかなかブリーダーへ突っ込みを入れられない部分ではあります。幸い亡くした我が愛犬は、普通のラブで親が何処かのショーのチャンピオン犬という訳でもなかったので、遺伝的疾患を発症せずに済みました。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-私の趣味
-,

執筆者:

関連記事

おてんば娘がやって来るぞ!2ー我が家にとって2匹目のイエローのラブー

昨日、我が家に新しく迎えるイエローラブラドールの子犬について話しましたが、今回も関連した話を。 知っている人は少ないかもしれません。ラブの子犬の耳って、目が開くのと同じ時期に開くんですってね。抱かせて …

スティーブ・ペリーのニューアルバム、ようやくリリース!

久し振りの投稿です。 てか、誰も読んでないと思うけど。前回投稿から7カ月以上も経ってしまった。 さて、今朝、BARKSをチェックしてたら、何と「スティーヴ・ペリー、24年ぶりの新作リリース・・・」とい …

おてんば娘がやって来るぞ!ー我が家にとって2匹目のイエローのラブー

6月10日(土)早朝、自家用車で遠出のドライブ。 行先は、茨城県にあるラブラドール・レトリーバーのブリーダーさん宅。生まれたての子犬を見学するため、役に立たない純正カーナビ(本当に役立たず)をセットし …

趣味の車で盛り下がりの巻2-くるま雑誌「ベストカー」-

前回記事はここから。 現在、私が唯一購読している”くるま雑誌”が「ベストカー」。 以前は、「カー&ドライバー」とか「ル・ボラン」とかいう雑誌も購読していたのですが、もう7、8年前から「ベストカー」一本 …

スティーブ・ペリー、ジャーニー脱退の理由を明かす!

昨日に続いて今日もスティーブ・ペリーについて思うところを書きます。 またもネタ元はBARKSですが、「スティーヴ・ペリー、ジャーニー脱退時を振り返る」という興味深い題目に惹かれました。 再結成した後、 …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー