海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

私の趣味

私が最も憧れた偉大なシンガー、ジャーニー黄金期のボーカリスト「スティーブ・ペリー」

投稿日:2017-05-25 更新日:

今回は、番外編として私の好きなシンガーについて語ります。
米国ロックバンド「ジャーニー」の黄金期ボーカルを務めていたスティーブ・ペリーについてです。

今月、ジャーニーのロックの殿堂入りのセレモニーが開かれました。スティーブ・ペリーも出席し、ニール・ショーンとの2ショット写真が公開されましたが、パフォーマンスはありませんでしたね。
現ボーカルのアーネル・ピネダに気を使ったんでしょうね。ちょっぴり残念でしたが、彼らしい配慮かなとも思いました。

また、式典以降、嬉しい話題が。23年ぶりとなるソロアルバムを制作中で早ければ年内にリリースされるとか。
ジャーニー脱退後、何度も噂には上がってましたが、ようやく日の目を見るようで嬉しいんですが、またお蔵入りになりはしないかと、リリースされるまで気を揉む毎日が続きそう。

実は、私がスティーブ・ペリーを知ったのは大学時代に聴いた「エスケイプ」からです。勿論、ジャーニーを通じてなんですが、一度聴いたら忘れられない声(いわゆるメタル声)、そうあの声の虜になりました。

ご多聞に漏れず、私もバンドなんぞを演っておりまして、しかもボーカルを。
ジャーニーのコピーやTOTOのコピーを演っては歌ってましたが、スティーブ・ペリーは特別でした。「オー!シェリー」も歌ったんですよ。
ハイトーンに加え、歌い方がR&Bっぽいので、日本人には難しい。
真似しようとしたもんですが、なかなか思うようには行かなかったです。

スティーブ・ペリーの歌のベースは、自身曰く「サム・クック」だそうですが、確かに音をのばす際、一番高い音をそのまま維持しないで、一段下げた音に移行して歌うところはソックリ。余程、好きだったんでしょうね。そんなスティーブ・ペリーを真似してね。あーはずかしい(。>﹏<。)

彼がボーカルを務めた時代のジャーニーで好きな曲は、「Walks Like A Lady」、「Lovin’ Touchin’ Squeezin’」、「Who’s Crying Now」、「Still They Ride」、「Send Her My Love」、「After The Fall」、「I’ll Be All Right」、「When You Love A Woman」どれもミディアムテンポかバラードです。
いずれにしても、「Steve is enjoying his retirement」の状態から抜けたのは良かった。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-私の趣味
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

趣味の車で盛り下がりの巻2-くるま雑誌「ベストカー」-

前回記事はここから。 現在、私が唯一購読している”くるま雑誌”が「ベストカー」。 以前は、「カー&ドライバー」とか「ル・ボラン」とかいう雑誌も購読していたのですが、もう7、8年前から「ベストカー」一本 …

今、私が感じている車の「何故?」ー軽自動車と衝突安全予防技術ー

以前、自動車評論家のスタンスが曖昧になりつつあり、その存在意義も非常に薄れている、というようなことを書きましたが、今回は「軽自動車の安全性」と「衝突安全予防技術」について少々。 まず、「軽自動車の安全 …

スティーブ・ペリーのニューアルバム、ようやくリリース!

久し振りの投稿です。 てか、誰も読んでないと思うけど。前回投稿から7カ月以上も経ってしまった。 さて、今朝、BARKSをチェックしてたら、何と「スティーヴ・ペリー、24年ぶりの新作リリース・・・」とい …

おてんば娘がやって来るぞ!2ー我が家にとって2匹目のイエローのラブー

昨日、我が家に新しく迎えるイエローラブラドールの子犬について話しましたが、今回も関連した話を。 知っている人は少ないかもしれません。ラブの子犬の耳って、目が開くのと同じ時期に開くんですってね。抱かせて …

最近読んだ書籍ベン・フォーグル著「ラブラドール」から

愛犬を今年3月に亡くして、そろそろ2か月が経過しようとしていますが、時間の経過と共に哀しみは幾らかは癒えるものの寂しさは増すばかり。富士ハーネスへ盲導犬を見に行って、キャリアチェンジ犬を希望しようか、 …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー