海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

JJエイブラムズ

マシンという名称のAIが活躍するJJエイブラムズ製作の米国TVドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」

投稿日:2017-06-15 更新日:

お待たせしました。と言うよりは、そろそろネタが尽き始めて来ましたので、いよいよ真打登場とさせていただきます。
今日は、JJエイブラムズのバッド・ロボット・プロダクションズ製作「パーソン・オブ・インタレスト」について語ります。
現在、民放でも放送されていますが、私はAXNで前シーズンを観ました。良かったー。何が良かったって、ストーリー、キャラクターなど全部です。最終シーズン視聴後は、暫く放心状態に陥りました。こんな感覚久しぶりに味わいました。
こりゃもう、アメリカTVドラマ史上、最も素晴らしいクライム・サスペンス・ドラマと言っても過言ではないと思います。唯一の汚点があるとすれば、最終シーズンのみ13話で終了してしまったこと位でしょうか。
主人公は、犬のベア。じゃなかった、「犯罪」を予知するマシン(簡単に行ってしまえば高性能な人工知能AIを搭載したスーパーコンピュータです)。え?機械が主人公?違和感がありますが、観て頂ければ解ると思います。登場形態は電話の受話器越しに聞こえてくる電子変換された声なんですが、それが視聴者の創造性を掻き立てて、段々、愛着が湧いてくるんですね。擬人化し出すんです。愛おしくさえ思えてきます。
物語は、そのマシンが弾き出した社会保障番号を巡って、当事者が犯罪に巻き込まれる、あるいは当の犯罪者であるかを問わず、犯罪を阻止しようと懸命に尽力する登場人物たちが描かれて行きます。”政府にとっての無用な犯罪”を対象に。毎回命がけ。
登場人物は、マシン、マシンの開発者、その開発者が雇った元CIA工作員、元陸軍出身の女刑事さん、悪徳刑事さん(途中から更生)、CIAの下請けの女工作員、凄腕女ハッカー等を軸に、途中複数の犯罪組織も絡んで、最後の方では新たなマシンが出現。相関図があったら線で真っ黒になる位に入り組んでいます。
明日は、登場人物に焦点を当てて語りたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-JJエイブラムズ
-,

執筆者:

関連記事

JJエイブラムズ製作の米国TVドラマ「アルカトラズ」

JJエイブラムズ(バッド・ロボット・プロダクション)でもダメだったかあ。 そこそこ面白かったんですけどね。無理やりでも良いから、終了エピソード位製作して欲しかった。 舞台となるアルカトラズ刑務所といえ …

ナノマシンによって電気が一切使えなくなった近未来を描いたJJエイブラムズ製作の米国TVドラマ「レボリューション」

これも単発で終了したドラマでしたね。第2シーズンで終了。 しかも、最終話はクリフハンガーとは。トホホ。 派手なアクションや視聴率を稼ぐというよりは、ストーリー展開で視聴者を引き込むタイプのドラマで、他 …

非主流派科学をJJエイブラムズが製作したら「フリンジ」というSFドラマになった。

不良児、麒麟児、語呂が合ってますね。<m(__)m>。 JJエイブラムズ製作の人気ドラマですが、見る度に引き込まれていくストーリーに毎回心躍らされてました。 見始めた頃、「TVの故障ではあ …

マシンという名称のAIが活躍するJJエイブラムズ製作の米国TVドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」2

今日は、「パーソン・オブ・インタレスト」の2回目です。 第1シーズンの最初から、グイグイと引き込まれました。初回は、黒いスーツの男ことジョン・リースがフィンチに雇われるところが描かれています。地下鉄で …

JJエイブラムズ製作の米国スパイアクションTVドラマ「エイリアス」

今日は、私の知る限りでは一度も再放送されていない(?)スパイアクションドラマ「エイリアス」について語ります。 このドラマもJJエイブラムズ製作です。2001年から2005年にかけて製作されたドラマです …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー