海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

アクション 探偵もの

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン第3話「最後の問題」を観終えて

投稿日:2017-07-25 更新日:

第2話で登場した謎の女の正体が明らかになりましたね。

<以下、ネタバレ注意!>
謎の女とは、シャーロック家から追放され牢獄に収監されていたシャーロックの妹ユーラスでした。サー・アーサー・コナンドイル原作にはないキャラが登場し、物語は一気に佳境へ突入。この妹、いわゆる天才なんだけど、つまるところはサイコパス。でも、人間的感情が全く無い訳ではないようで、自分の気持ちを上手く伝えることが出来ず、その代わり自身の頭脳明晰さを利用して、人の心を操り自分の内心を表現させようとしている感じ。劇中、旅客機のクルーと乗客全員が失神する中、自身を投影した少女1人のみが活動できるという緊急事態を創り出す空間能力は、とくかく、浦沢直樹の「モンスター」を思い出しました。シャーロックとワトソン、そしてマイクロフトを牢獄へおびき寄せ、シャーロックと対峙した時にネタ証しをする(強化ガラス製のつい立が取り払われていた)シーン、ゾッとしましたね。
そもそも、シャーロック自身、自分に妹が居たという認識がないこと、子供の頃に飼っていた犬は実は行方不明になった親友であったこと等、シャーロック自身も自ら記憶を上書きする程のトラウマを引きずって生きてきたことが明らかとなり、社会病質者と称していた第1シーズン当初との整合が上手く取れていて(突っ込みどころがなく)良かったです。でも、初めてご登場のシャーロック家の当主と奥方は、登場させる必要があったのか、良く分かりません。これは突っ込んでおきます。
最終回は、絶海の孤島を舞台とするあたりセットにお金がかかっていましたね。過去を振り返ってみると、「シャーロック」がNHKで放送されたのが2011年8月、そして今回の最終話が2017年7月、足掛け6年が経過した訳ですが、シリーズあたり3話構成を計4回で全12話。1話毎それぞれ劇場映画並みの予算とクオリティであることを考えると、12シリーズも継続した映画は007以外にはないと思いますので、如何に凄いドラマだったかが解ります。
最後に、テーマ音楽も良かったですね。それを聞けば映像が蘇る音作りって私には縁遠い才能ですが、さすが英国BBC。今度は、どんなドラマを観せてくれるのか今から楽しみです。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-アクション, 探偵もの
-,

執筆者:

関連記事

現代版シャーロック・ホームズを描くアメリカTVドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン」

今日はアメリカ版・現代版シャーロックホームズについて。 発想が面白い。ワトソンが女性でしかも東洋人。上手くキャスティングしたもんだな、と。主演のジョニー・リー・ミラーさん、少し過剰演技気味ですが役に上 …

JJエイブラムズ製作の米国スパイアクションTVドラマ「エイリアス」

今日は、私の知る限りでは一度も再放送されていない(?)スパイアクションドラマ「エイリアス」について語ります。 このドラマもJJエイブラムズ製作です。2001年から2005年にかけて製作されたドラマです …

ハリーという名で出ています!「追跡者ハリー・オー(Harry o)」と「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」

今日は、ハリーという名前の主人公が登場する2本のドラマについて。 一つは、「追跡者ハリー・オー(Harry o)」、もう一つは「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」。でも、ハリーズ・ローの方はキャシー・ …

女スパイもののTVドラマと言えば、まずマギー・Q主演「ニキータ」で決まり。

いやー、この手のドラマを最終シーズン(第4?)まで観ることが出来るかどうか最後まで心配でしたが観ることで来て良かったです。いつ打ち切られるかヒヤヒヤでした。やはり、途中のアクションが良かったからでしょ …

米国版ハングマンとも言えるかな?ティモシー・ハットン主演の米国TVドラマ「レバレッジ~詐欺師たちの流儀」

むか~し、むかし、TV朝日系で「ハングマン」というドラマを放送していたのを覚えていますか?林隆三とか黒沢年雄とかが出演していたドラマで、悪いヤツを懲らしめる(でも殺さない)勧善懲悪もののストーリーとい …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー