海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

弁護士 探偵もの

ハリーという名で出ています!「追跡者ハリー・オー(Harry o)」と「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」

投稿日:2017-05-25 更新日:

今日は、ハリーという名前の主人公が登場する2本のドラマについて。
一つは、「追跡者ハリー・オー(Harry o)」、もう一つは「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」。でも、ハリーズ・ローの方はキャシー・ベイツ扮する女性弁護士ハリエットの愛称なんですよね。でも、まいっか。
「ハリー・オー(Harry o)」については、知る人ぞ知る名ドラマで、いわゆる探偵ものの走りのような作品。主演はデビッド・ジャンセンで、既にドラマ「逃亡者」で日本でも有名でしたが、これにあやかって付けた放題であったことは間違いないでしょう。主人公ハリー・オーエルの吹き替えは納谷悟朗さん、共演するLA警察警部役にアンソニー・ザーブの吹き替えは家弓家正さんだったでしょうか。「オーエル君!」「ド官僚!」と2人の掛け合いが最高でしたね。おそらく半分は(殆ど?)アドリブだったんじゃないかと思いますが。
「弾丸、背中に残ったひとかけら、それが時々うずき出す。そのためオレは刑事をやめ、以来年金で悠々自適、と言いたいところだが、贅沢三昧できる程の年金でもなし、知らず知らず追い込むのもゾッとしない。いずれは大海原へ乗り出そうと小さな船を作る一方で、とりあえず掲げたのが私立探偵の看板。別段好きな商売でもないが・・・・、オレは追跡者ハリー・オーエル。」とまあ、こんなオープニング・ナレーションでしたっけ。そう言えば、ハリーの隣りに住んでいるスッチー、「チャーリーズ・エンジェル」でブレイクする前のファラ・フォーセット(当時は600万ドルの男と結婚していたので、ファラ・フォーセット・メージャーズかな)が時々出演してましたね。
さて、もう一方の「ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所」ですが、第2シーズンで終了してしまいましたが、もう少し観たかったなあ。あの映画「ミザリー」でアカデミー主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツですよ。さすがの貫禄演技で観る人を圧倒してましたし、肝っ玉母さん的な主人公ハリーの役にピッタリだったんじゃないかと思います。デビッド・イー・ケリー制作の弁護士ものは他にもありますが、それは別の機会にでも。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-弁護士, 探偵もの
-

執筆者:

関連記事

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン初回放送を観終えて

スタイリッシュ!その一言に尽きますね。 シーズン1から観続けていますが、当初からTVドラマとは思えないスケール感で、視聴者を圧倒してきました。”カッコいい”の一言に尽きます。特に、あのモーショングラフ …

ファラ・フォーセットが大ブレイクした、ああ懐かしの「チャーリーズ・エンジェル」

今日は「チャーリーズ・エンジェル」です。 放送当時の邦題には「地上最強の美女たち!」とありましたね。まあ、確かに最強かな。皆さんは、キャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ドリュー・バリモアが出演した …

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン第3話「最後の問題」を観終えて

第2話で登場した謎の女の正体が明らかになりましたね。 <以下、ネタバレ注意!> 謎の女とは、シャーロック家から追放され牢獄に収監されていたシャーロックの妹ユーラスでした。サー・アーサー・コナンド …

現代版シャーロック・ホームズを描くアメリカTVドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン」

今日はアメリカ版・現代版シャーロックホームズについて。 発想が面白い。ワトソンが女性でしかも東洋人。上手くキャスティングしたもんだな、と。主演のジョニー・リー・ミラーさん、少し過剰演技気味ですが役に上 …

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン第2話「臥せる探偵」を観終えて

いやー、第2話「臥せる探偵」も面白かった。 第2話は、いささか映像が凝り過ぎている感はありますが、薬漬けになったシャーロックの心理描写を上手く演出していました。ワトソン夫人ことメアリーの死をきっかけに …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー