海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

SF

リー・メージャーズ主演のSFドラマ「サイボーグ危機一髪」改め「サイボーグ大作戦」改め「600万ドルの男」

投稿日:2017-05-25 更新日:

SFものと言えば、真っ先に挙げなくてはならないのが「スタトレ(スタートレック)」でしょうね。
私はオリジナルのスタートレックが大好きで、子供の頃、フェーザー銃や携帯通信機をバルサ材で作って遊んでました。
特にウィリアム・シャトナーの大げさな演技が好きです(笑)。
いっつも美人とチュッチュするのを子供心にも羨ましく観てました。少しマセガキだったんでしょうね。

オリジナルが放映されて随分経過した後に「新スタートレック」が始まりましたが、殆ど見てません。何故だか興味が湧かなかったんですね。
ピカード船長(チャールズ・エグゼビアことプロフェッサーX)が嫌いという訳でもないのですが、おそらく登場人物(キャラクター)が多すぎたせいか、と。

覚えきれないんだもん。だからか、想定クルーが50人規模のジェーンウェイ船長の「ボイジャー」が見ることが出来たのは。
その惰性(?)でアーチャー船長の「スタートレック・エンタープライズ」も制覇しましたけどね。最新作の「スタートレック・エンタープライズ」ですが、もう少し続けて欲しかったなあ。

あと、その他のSFものとしては「サイボーグ危機一髪」でしょうね。
その後、邦題が原題の和訳「600万ドルの男」へ変更されましたが、「バイオニック・ジェミー」とセットで楽しみましたよ。
「スティーブ・オースティン、宇宙飛行士、右腕、両足を切断、片目を失う、だがNASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、その費用600万ドル・・・」っていうナレーション、必死に覚えたんだけど殆ど忘れてしまいました。

「女、ジェミー・ソマーズ、にじゅうなな才・・・」、これ覚えてますぅ?「バイオニック・ジェミー」のオープニング・ナレーションですが、その後「にじゅう・・・はっさい」へ変更されましたよね。微妙な「間」が何とも言えませんでした。アフレコ取り直せばよかったのにね。

最後にパトリック・ダフィー主演の「アトランティスから来た男」。うわーマニアックだ。マッチョな体でドルフィンキック。さぞや疲れただろうなあ。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-SF
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

宇宙からの侵略者に対抗するためSHADOの活躍を描いた英国発SFTVドラマの金字塔「謎の円盤UFO」

ジェリー・アンダーソンが挑んだSF実写ドラマの金字塔といっても過言ではないでしょう。「スペース1999」もありますが、私は「UFO」の方が好きです。何より、全てが格好いい、洗練されてました。異星人から …

ドクター・カーターに地球が救えるのか?「フォーリング・スカイズ」

今日は、SFものの第2弾としてカーター先生(ノア・ワイリー)主演の「フォーリング・スカイズ」です。 失礼ながら、直ぐ終了すると思っていました。アはは・・・。 ですが、スピルバーグ製作総指揮に釣られて視 …

米国TVドラマのうち50年前のSF作品からー「原子力潜水艦シービュー号」と「巨人の惑星」ー

少し前にタイムスリップものの走りとして「タイムトンネル」について触れましたが、今日は、同じ時代(1960年代半ばから終盤にかけて)に放送されたその他のSFドラマについて語りたいと思います。私が幼稚園児 …

凄い展開になってきたマーベルコミックを題材にした米国TVドラマ「エージェント・オブ・シールド」

私め、現在、第3シーズンを視聴中ですが、とうとうスカイ(デイジー)が敵に落ちしてしまいましたね。彼女だけは、最後まで抵抗するかと思ったけど、意外とあっさり寄生生物ハイブにコントロールされてしまった。ハ …

米国TVドラマ「タイム・アフター・タイム~H・G・ウェルズの冒険」の第3話放送ネタバレ

今日は、「タイム・アフター・タイム~H・G・ウェルズの冒険」第3話のネタバレです。 前回、「このドラマは、イケませんの、イケません、です。」と感想を漏らしたところで恐縮ですが、意外なことに面白くなって …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー