海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

SF

あの植木等さんも吹替えで参加した、知る人ぞ知る米国TVドラマ「猿の惑星」

投稿日:2017-06-07 更新日:

今日は、懐かしき米国TVドラマ版「猿の惑星」を。
<日本で放送された「猿の軍団」とは違いますので、あしからず。>
日本での放送は、私が未だ小学生の頃でした。5年生だったと思います。外国TVドラマの放送数が少ない時代でしたので、毎週、ワクワクして観てました。「猿の惑星」といえば、全米ライフル協会の会長さんだったチャールトン・ヘストンが主演した映画「猿の惑星」の印象が強烈過ぎて、子供心に本当に恐怖したのを覚えています。海岸線に埋まった自由の女神像が象徴的でしたね。人間が言葉を持たないというシチュエーションが何とも言えない恐怖心を駆り立てていて、とても怖かったです。特に、馬に乗ったゴリラ兵が人間を狩るシーンは。
さて、映画の10年後という設定のTV版ですが、人間が映画版の家畜から奴隷身分に格上げ(?)されたお蔭で、良い意味で普通のSF作品として楽しむことが出来ました。少なくとも恐怖することなく観ることが出来ました。主人公の宇宙飛行士2人を演じるのはロン・ハーパーとジェームズ・ノートン。ジェームズ・ノートンについては良く知らないのですが、ロン・ハーパーは「特攻ギャリソン・ゴリラ」のギャリソン中尉で有名ですよね。当時、一家に1台しかないカラーTVを父親が占有し「コンバット」と共に視聴していましたので、記憶に残っています。あと忘れてはいけない存在、チンパンジーのゲイラン。ロディ・マクドウォールが映画と同じ特殊メイクで演じていました。さすが怪優、じゃなかった名優演技でした。吹き替えは、何と植木等さんでした。アテレコ上手かったですよね。全く違和感ありませんでした。
なお、残念なことにドラマは直ぐ終了してしまいましたね。子供の頃、放送局(フジTV系列?)の陰謀じゃないかと疑い、本当に憤慨したのを覚えています。本国でも不人気なため終了してしまっていたのですね。今でも残念です。ハングライダーを飛ばすエピソードや、目の不自由なチンパンジーの女の子がピート(実は声に惹かれただけで、ハードはゲイランが担当)に恋するエピソードは今でも覚えています。
エンディングのナレーションで「アラン・バードン、ピート・バーク、そしてゲイランの3人は・・・」っていうのが、当時どうしても引っ掛かかりましてね、ゲイランは「1匹じゃないの?」と子供心に毎回突っ込みを入れてました。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-SF
-,

執筆者:

関連記事

いつの間にか放送が終了していた英国TVSFドラマ「プライミーバル」

放送当時、NHKも久しぶりに面白いドラマを放送し始めたな、と感心していたら、第3シーズンで放送終了してしまいました。今思えば、褒めたのがマズかったかな。(笑) 物語は、時空の亀裂を介して過去や未来から …

ナノマシンによって電気が一切使えなくなった近未来を描いたJJエイブラムズ製作の米国TVドラマ「レボリューション」

これも単発で終了したドラマでしたね。第2シーズンで終了。 しかも、最終話はクリフハンガーとは。トホホ。 派手なアクションや視聴率を稼ぐというよりは、ストーリー展開で視聴者を引き込むタイプのドラマで、他 …

第1シーズンで打ち切りになったリアルな恐竜が登場する米国TVドラマ「テラノバ~未来創世記」

発想が面白いのに短命で終わってしまったドラマの典型ですね。 他にも短命で終わったドラマを過去記事にて紹介していますので、お時間がありましたらご覧になって下さい。 ・猿の惑星 ・アルカトラズ ・レボリュ …

米国TVドラマのうち50年前のSF作品からー「原子力潜水艦シービュー号」と「巨人の惑星」ー

少し前にタイムスリップものの走りとして「タイムトンネル」について触れましたが、今日は、同じ時代(1960年代半ばから終盤にかけて)に放送されたその他のSFドラマについて語りたいと思います。私が幼稚園児 …

米国TVドラマ「タイム・アフター・タイム~H・G・ウェルズの冒険」の第3話放送ネタバレ

今日は、「タイム・アフター・タイム~H・G・ウェルズの冒険」第3話のネタバレです。 前回、「このドラマは、イケませんの、イケません、です。」と感想を漏らしたところで恐縮ですが、意外なことに面白くなって …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー