海外TVドラマ、突っ込みゴメンなすって

40年以上見続けてきた海外TVドラマの過去・現在について独自の切り口で突っ込みを入れさせていただきます。

FBI アクション

やっぱり面白い展開になってきた米国TVドラマ「ブラインドスポット タトゥーの女」

投稿日:2017-07-11 更新日:

<最初からネタバレ注意!>
謎のタトゥーが全身に彫られた女、実は、FBI捜査官カート・ウェラーが幼少の頃、隣家に住んでいた母子家庭の一人娘テイラー・ショーンだと判明するも、DNA検査の信ぴょう性を疑われて、ジェーン・ドウに逆戻り。あー、可哀相に。前回記事はここから
ジェーンを演じる女優さんジェイミー・アレクサンダー、何処かで観た覚えがあると思っていたら、シュワちゃん復帰後の映画「ラスト・スタンド」の女性副保安官ですよね。「ブラインドスポット」では髪が短いから一瞬解りませんでした。毎回、そこそこのアクションシーンがあって結構大変でしょうが、観る方は結構面白いことになっています。
カートの上司役メイフェア役の女優さんも、何処かで観た覚えが。「FBI失踪者を追え!」のヴィヴィアン役の人ですよね。俳優さん達の人物設定において、警官役、犯人役がある程度固定化されるように、FBI捜査官も固定化されるんですね。如何にもお硬い職業っていう顔、きっと万国共通なんでしょうね。
一方、本ドラマで如何にも悪い顔、といえばCIA局長カーター役のマイケル・ガストン。「メンタリスト」ではリズボンの上司役で登場するも、ジェーンはレッドジョン候補の1人に挙げてましたので、やはり悪者ということでしょう。「パーソン・オブ・インタレスト」では完全に悪でしたし。この方、生まれは1962年だそうで未だ54才なんですね。(@_@)
頭の毛がないことより、肥満体系(でっぷりお腹)が老けて見られる原因かもね。そこを狙って肥満体系を維持しているとしたら、凄い役者魂!
ところで、声優さん等に焦点を当ててみると、主役のジェーンは本田貴子さん。FBI捜査官カートは山寺宏一さん。山寺さんは最近珍しいですね。私が視聴している海外ドラマでは殆ど聞いたことが有りません。本田さんは、美人女優さん専門ですが、アクション女優さんの吹き替えと言えば、真っ先に思い浮かべるのが「ブラックリスト」のキーン捜査官のアフレコをしている甲斐田裕子さんですが、こと本作品に関しては、本田さんがピッタリですね。

スポンサーリンク

アドセンス広告PC用




アドセンス広告PC用




-FBI, アクション

執筆者:

関連記事

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン第2話「臥せる探偵」を観終えて

いやー、第2話「臥せる探偵」も面白かった。 第2話は、いささか映像が凝り過ぎている感はありますが、薬漬けになったシャーロックの心理描写を上手く演出していました。ワトソン夫人ことメアリーの死をきっかけに …

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン第3話「最後の問題」を観終えて

第2話で登場した謎の女の正体が明らかになりましたね。 <以下、ネタバレ注意!> 謎の女とは、シャーロック家から追放され牢獄に収監されていたシャーロックの妹ユーラスでした。サー・アーサー・コナンド …

AXNで第1シーズン放送中のマイケル・ベイ製作の米国TVドラマ「ザ・ラストシップ」

第5話まで視聴しました。さすがに第1シーズンの序盤では、それ程の進展は見込めないものの、当初予想していたよりも面白くなる予感がしてきました。前回記事はここから 物語のそもそもの発端は突如発生し世界規模 …

英国BBC製作のTVドラマ「シャーロック」第4シーズン初回放送を観終えて

スタイリッシュ!その一言に尽きますね。 シーズン1から観続けていますが、当初からTVドラマとは思えないスケール感で、視聴者を圧倒してきました。”カッコいい”の一言に尽きます。特に、あのモーショングラフ …

米国TVドラマ「チャック」で主人公チャックが勤める家電量販店バイモアに行ってみたかった

さて、少々記事投稿が遅過ぎた感がありますが、今回は「チャック」について語ります。 ジャンルは、CIA?NSA?アクション?コメディ?オタク?、もう何でも詰め込んだ感のあるドラマでしたね。オープニングの …

JPRSサーバー証明書(ドメイン認証型)シール

アドセンス広告PCサイドバートップ用




カテゴリー